JOHANNESBURG

2016年5月。新規オープンしたヨハネスブルグの店舗空間には、まるで「永遠の都」ローマへ空想の旅をするかのように、ブルガリの起源である地中海とイタリアの雰囲気が広がります。それはまさに、ローマとアフリカの出会い。2700年におよぶローマのインスピレーションへのタイムトラベルです。

MOSCOW

2016年2月。ブルガリは、モスクワ ペトロフカ通りに新規店舗をオープンする事を発表。この店舗は、ピーター・マリーノがブルガリのために設計した新しい建築デザインのコンセプトが特徴です。ローマからモスクワへ-現存する歴史的な店舗が繊細に変化を遂げた2014年のローマ旗艦店の改装に続き、まず「グム百貨店」 において、この新たな建築コンセプトの布石が投じられました。そして、このコンセプトはペトロフカ通りの新旗艦店にて進化・拡大されました。

LONDON

2016年2月。ブルガリは、ニュー・ボンド・ストリートにあるロンドン旗艦店の再オープンを発表。この店舗は、ピーター・マリーノがブルガリのために設計した新しい建築デザインのコンセプトが特徴となります。 現存する歴史的な店舗が繊細に変化を遂げた2014年のローマ旗艦店の改装に続いて、ブランドを象徴する数多くの建築的要素が、この新たな空間の中で進化し、反映されています。ここで見られるピーター・マリーノのコンセプトは、ブルガリの起源である地中海とローマの伝統から着想を得たもので、イタリアの古典主義を英国の建築に取り入れながらもしっかりと強調もしています。 ロンドン、ニュー・ボンド・ストリートの店舗を訪れることは、発見であり、ローマの町に足を踏み入れること。すばらしい室内の景観が開けた中央のメインプロムナードには、太陽の光が満ちています。ブルガリの幅広いスタイルの中核を成す、古さと新さ、伝統と革新が知的な相互作用を生み出しています。